愛川欽也死去、死因はがん!?認知症はウソで病気を隠していた…

2015y04m17d_064751398
キンキンの愛称で親しまれた愛川欽也さんが、15日に亡くなったとニュースが流れています。

所属事務所からの発表はまだですが、ネットでの情報を見る限りデマではないようで残念です。

アド街ック天国を降板したのが突然だったので病気なのでは?と噂されていましたが、死因を聞いて驚きました。

ずっと病気を隠して仕事をしていたとは・・プロ根性を感じずにはいられません。

2015y04m17d_064718367

■仕事を続けながら闘病していた

所属事務所からの正式発表は今日17日の午前10時からということでまだですが、スポーツ紙の記事では愛川さんの死因は「肺がん」となっています。

認知症という噂もありましたが、つい最近まで毎週放送されるアド街ック天国の司会をしていたことを考えたら、とてもそんな風には思えませんでした。

3月に入ってから、愛川さんの自宅に介護用ベッドが運び込まれたというニュースもありましたね。

奥さんのうつみ宮土理さんとは芸能界一のおしどり夫婦と言われていたので、病院暮らしをするより自宅でうつみさんと一緒に過ごすことを選んだのでしょうか・・。

ついこの間、うつみさんが「風邪を引いているだけで近々復帰する予定」とテレビで言っていましたが、「そうだったらいいのに・・」という気持ちもあっても言葉だったのかと思うと切ない気持ちになります。

■気さくな語り口は今も

愛川さんといえば、「アド街ック天国」も20年司会を続けていたので代表的な番組なんでしょうが、kuroko的には「なるほど!ザ・ワールド」のほうが印象的です。

2015y04m17d_065211146

毎週見てましたが、トランプマンとか面白かったですよね。

リポーターのひょうきん由美さんも、いい味出してました。

天然な感じがよかった由美さんが今年フジテレビを定年退職したというニュースを見て、そんなに年が経ったんだなぁ・・としみじみ思いました。

バラエティでは気さくな語り口で人気だった愛川さんは、実際に会ってもあのままのキャラなんだろうなと思いましたね。

でも、「11PM」で司会をはじめた頃はスタッフに威張り散らしていたそうです。

気難しいキンキンなんて想像がつかないので、ビックリでした。

奥さんのうつみさんとお昼にやっていた「しゃぼん玉こんにちは」も、「キンキン!ケロンパ!しゃぼん玉こんにちは!」で始まるオープニングをうっすらと覚えてます。

この番組での共演がきっかけで、愛川さんは奥さんと離婚してうつみさんと再婚したんですよね。

離婚した次の日に再婚とはビックリですが;

経緯はとにかく、本当に夫婦仲は良さそうでしたよね。

2005年に「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたときのインタビューで、うつみさんが「ありがとうラブレターみたいなのは毎日あります」と言っていたのが印象的でした。

2015y04m17d_065623304
たまに言うくらいならあるかもしれませんが、毎日というのはなかなかできるものではないと思います。

愛川さんが2007年に不倫しているのでは?と言われたときも、うつみさんは「カッコいいじゃん」と笑い飛ばしています。

そもそも相手の女性が28歳という時点で、当時72歳だった愛川さんと不倫するのか?ということ自体が疑問ですが、それでも夫の不倫報道にこの対応は日ごろの絆がしっかりしていないとできないはず。

どのくらい期間闘病していたのかはわかりませんが、うつみさんとの間には子供がいないので、残されたショックは大きいのではないかと思います。

ちなみに、愛川さんの不倫相手と報道されたのは任漢香(にんかんか)という人で、愛川さん主宰の劇団「キンキン塾」の女優さんです。

2015y04m17d_101136943

愛川さんが配信していたインターネットテレビ「kinkin.tv」の番組「パックインジャーナル」で一緒に出ていたり

2015y04m17d_100827542

愛川さんの監督作品で共演したりと距離が近かったので「彼女なのでは・・」という疑惑があったようです。

2015y04m17d_100906978

でも、主宰者が塾生を可愛がるのは当然のことで、それ以上のことはなかったんじゃないかと思いますが・・どうなんでしょうね。

■シブい役柄も印象的

バラエティでは気さくなおじさんという感じでしたが、ドラマでのシブい演技も上手かった愛川さん。

一番印象に残っているのは、長年演じていた「西村京太郎トラベルミステリー」の亀井刑事ですね。

2015y04m17d_075619329

高田純次さんの普段あまり見られないシリアスな演技もいいんですけど、やっぱりまだ愛川さんの亀井さんのほうが強いかな・・という気がします(高田さんゴメンナサイ…)

シブい役柄ではなかったですが、人情味のある「トラック野郎」のやもめのジョナサンも良かったですよね。

2015y04m17d_065015922

少し前にたまたまトラック野郎を見る機会があって、今見ても面白い映画だなー、娯楽映画はこうでなくっちゃねと思ったところでした。

それと、意外と知られていないのかなーと思いますが、愛川さんは声優としての仕事も多かったんですよね。

海外の映画やドラマの吹き替えを中心に、アニメの声優もしていました。

1996年公開の「ドラゴンボール」では亀仙人の声を担当。

悟空役の野沢雅子さんとは、「いなかっぺ大将」の大ちゃんとニャンコ先生役でも共演していました。

2015y04m17d_082400904

俳優としても、司会者としてもお茶の間で好かれた愛川さん。

もう「おまっとさんでした」の声が聞けないのは寂しいです。

長い間、楽しい番組を続けてくれてありがとう、そしてお疲れ様でしたと言いたいです。

心安らかな旅立ちでありますように・・。

ご冥福を心からお祈りいたします。

2015y04m17d_065553973

■追記

まだ事務所からの正式発表はありませんが、スポーツ紙に自宅から棺が運び出される写真が出ていました。

2015y04m17d_092509883(出典:日刊スポーツ

密葬を済ませた後、事務所から発表があるようです。

霊柩車に乗り込むうつみさん、元々細い人ですが、かなりやつれたように見えます。

2015y04m17d_092549223(出典:日刊スポーツ

午前10時すぎ、事務所からコメントが発表されました。

全文をご紹介します。

「愛川欽也を応援してくださった皆様」

俳優 愛川欽也は肺がんのため2015年4月15日午前5時11分に永眠いたしました。

昨年冬より体調の不安を訴え、検査いたしましたところ、肺がんであることが判明いたしました。

本人のたっての希望により、入院はせず在宅での懸命な治療を続けてまりましたが、容態が急変し、自宅にて旅立ちました。

故人の遺志に従い、すでに近親者にて密葬を執り行いました。

これまで愛川が大変お世話になった方々に対し、十分なご報告をせぬまま、この日を迎えてしまいましたこと、ここに心よりおわび申し上げます。

最期まで仕事に復帰する可能性に懸けていた本人の強い希望で病状を伏せておりました。

根っからの仕事人間であった愛川は肺がんを発症した以降も仕事に情熱を燃やしており、息を引き取る直前まで「仕事に行こう」と寝言のように申しておりました。

最期まで仕事に恵まれた幸せな愛川欽也の人生を支えてくださったすべての皆様に心より感謝いたします。

■うつみ宮土里さんがコメントを発表

18日、うつみ宮土里さんのコメントが愛川さんの作った劇場「キンケロ・シアター」の前で配布されましたので追記します。

この度は愛川の強い意向で、ご心配して下さった皆様に病状を明かせなかったこと、深くお詫び申し上げます。

愛川は最期まで仕事に復帰するつもりで頑張っており、皆様に公表することを頑なにお断りするよう申しておりました。
ですが、そんな頑固なところも愛川らしい一面ですので、どうかお許し下さい。

愛川は本当に仕事大好き人間でした。

「さぁ仕事しよう」と最期まで愛川はうわ言でも申しておりました。

脚本を書くこと、演出すること、司会すること、そして演じることが彼の人生でした。

いつも支えて下さった関係者の皆様、ファンの皆様、誠に有難うございました。

最後に。

キンキン、よく頑張ったね。いろいろ楽しかったね。
本当に本当にありがとう。

うつみ宮土里

■この話題に関するつぶやき

 

Menu

HOME

TOP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.